Global Business Communication 一般社団法人 海外人材ビジネスコミュニケーション推進協会 (一社)海外人材ビジネスコミュニケーション推進協会

お気軽にお問い合わせください TEL052-875-3676

営業時間 平日10:00~17:00 / 定休日 土日祝

Column

コラム

「お客様のために」という企業理念は、海外人材には伝わらない。

はじめまして。

企業のCSR・SDGsへの取り組み支援を行っている司法書士の山崎梨紗と申します。

 

GBC代表めぐみさんとご縁があり協会員となり、今回、掲載の機会を頂きました。

 

これから海外人材の方々に活躍していただこうと考えている経営者のあなたに、

世界共通レベルでの良い企業(真のグローバル企業)になって頂き、世界中の優秀な人材から選ばれる企業になっていただくためのコラムを書いていこうと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたしますね。

 

さて、代表からGBCのお話を聴いて一番に思い出したのは、

学生時代に、とある餃子屋でアルバイトしていた頃のエピソードです。

 

アルバイト仲間にミャンマーからと中国からの留学生がいまして、

そこの大将が留学生について、よく愚痴をこぼしてたんです。

 

「あいつらは学業優先だからテスト前はシフトに入らない。」

「あいつらは仕事の途中でも時間きっかりに帰る。お客がまだいるのに。」

 

・・・って。

まあ学業優先なのは当たり前なんですけどね。

 

でも大将のそういった発言の裏にはきっと、

「『普通』はシフトの時間が終わっても区切りがいいところまでは残って仕事するだろう。」

という価値観があったんだと思います。

 

つまり、日本人なら当然そうするだろうって。

(そして実際に、日本人スタッフはそうしていました)

 

 

こういう問題は全国で毎日のように起きていますし、

 

たとえば、あなたの会社に海外人材が加わってくれた時にも、

こちらがコミュニケーションについて何の工夫もしない状態で、向こうが日本人スタッフと同じように振舞ってくれることを期待してしまうと、

同じようなトラブルが起きてしまうのではないかと予想します。

 

今考えると、例の餃子屋の大将は・・・・・

(続く・・・)