Global Business Communication 一般社団法人 海外人材ビジネスコミュニケーション推進協会 (一社)海外人材ビジネスコミュニケーション推進協会

お気軽にお問い合わせください TEL052-875-3676

営業時間 平日10:00~17:00 / 定休日 土日祝

Column

コラム

和文化コラム 10

 

こんにちは。皆さまお元気ですか? 水野れい子です。

 

この時期、コンビニエンスストアに並ぶお茶にも「新茶」の文字が踊ります。

ところで、「新茶」って…何が違うのですか? 茶道をお伝えしていることもあり、度々たずねられることがあります。

お茶園では、年に何度か収穫が行われます。最初に摘まれるお茶が一番茶、そして二番茶、三番茶、四番茶と続きます。そうです。1年の最初に摘むお茶が「新茶」です。

ではいつ摘まれるのか?

子どものころ「茶摘み」の歌、小学校で歌いませんでしたか?

♬夏も近づく八十八夜  野にも山にも若葉が茂る

あれに見えるは    茶摘じゃないか

茜襷(あかねだすき)に菅(すげ)の笠

 

日和つづきの今日此の頃を、心のどかに摘みつつ歌ふ

摘めよ 摘め摘め 摘まねばならぬ

摘まにや日本の茶にならぬ

 

2番はこんな歌詞だったのですね。そう、この八十八夜です!立春から数えて八十八日目にあたる日。だいたい5月2日あたりで、今年は閏年のため5月1日です。

日本列島は長いので場所にもよりますが、新茶の摘採時期は「4月下旬から5月下旬」なので、八十八夜はちょうど茶摘みの最盛期と言えます。

なぜそんなに「新茶」が良いのかというと、二番茶以降のお茶と成分が大きく異なるそうです。新茶は冬の間に栄養を溜めるため、基本的には栄養分を多く含んでいます。ただし、冬の間はお日様が出る時間が少ないため、日光に当てないと作られない成分は,新茶はあまり含まれないということです。具体的には、リラックス効果や鎮静効果、血圧抑制作用などがあるテアニンが約4倍!すごいですよね!

日光に当てたほうが生成されるカテキンはやや減少するようですが、そもそもお茶にはカテキンの抗酸化作用、抗アレルギー作用・肥満予防・血糖値の減少などがありますから、

Stay Homeでストレスを感じている今、新茶をゆっくりといただくことはよろしいのではないでしょうか?

極上である新茶のなかで八十八夜のお茶は手摘みであることが多いため最上級のお茶。

香りも味も甘いですから、ゆったりと優雅なひとときをお過ごしくださいね。

それではまた。ごきげんよう。