Global Business Communication 一般社団法人 海外人材ビジネスコミュニケーション推進協会 (一社)海外人材ビジネスコミュニケーション推進協会

お気軽にお問い合わせください TEL052-875-3676

営業時間 平日10:00~17:00 / 定休日 土日祝

Column

コラム

和文化コラム 水野れい子 8月

 

こんにちは。皆さまお元気ですか? 水野れい子です。

 

今年も「お盆」の時期がやってきます。

日本古来の祖霊信仰と仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)が融合した儀式です。

では、お盆はいつからいつまで?

これは地域によって違います。

東京などの関東地方では、7月盆とも呼ばれ、新暦の7月13日〜16日。

7月15日の前後の土日などには花火大会や夏祭りが開催されます。

そして、関東地方以外の他の地域では、8月13日〜16日に行われることが多いです。

7月は農作物の収穫の時期と重なるため1ヶ月遅らせた月遅れのお盆となりました。

さらに、沖縄などでは旧盆といい、旧暦における7月13日〜16日に行われます。ここでも、暦の変化が如実に表れているわけです。新暦・旧歴は大きな影響があったわけです。

一般的に2020年は、8月13日(木)~16日(日)がお盆にあたります。

盆の入り(13日)までに、供養のためのお花、線香、蝋燭をはじめとして、ご先祖の霊が行き来するための精霊馬(ナスとキュウリを牛と馬に見立てた乗り物)を作り、迎え団子や送り団子、また故人が好きだった食べものなどを準備します。

 

お盆にお供えするものの代表例は五供(ごくう・ごく)です。

五供とは、香・花・燭台・水・飲食を指し、仏事では欠かせないお供え物となっています。

香(こう)は、お線香のこと。場を清め、亡くなった人の食べ物になるといわれています。

花は、故人の魂の依り代といわれます。故人の好きだった花や庭の花でもお供え物になります。一対準備します。

灯燭(とうしょく)とは、ろうそくなどで灯した明かりのことです。明かりを灯すことで暗い闇を照らし、私たちの心の中の煩悩を取り除くことができるといわれています。

浄水(じょうすい)新鮮な水を備えることが供養です。水道水でよいので、毎日新鮮な水をお供えしましょう。

飲食(おんじき)私たちと同じ食べ物、また故人の好きだったものをお供えしたはいかがでしょう。

今年は自宅でゆっくり過ごされる方も多いと思いますので、ぜひ13日に迎え火をしてご先祖様をお迎えし、ゆっくり過ごしていただき、16日の遅い夕方に送り火をし絵美手はいかがでしょうか。

このような時だからこそ、ご先祖様に感謝し、ともに過ごす喜びと心の豊かさを感じていただければと思います。

それではまた。ごきげんよう。