Global Business Communication 一般社団法人 海外人材ビジネスコミュニケーション推進協会 (一社)海外人材ビジネスコミュニケーション推進協会

お気軽にお問い合わせください TEL052-875-3676

営業時間 平日10:00~17:00 / 定休日 土日祝

Column

コラム

<和文化コラム 9>

こんにちは。皆さまお元気ですか? 水野れい子です。
今年は「Stay Home」で、例年のゴールデンウイークとは違った過ごし方をなさった方が
多いかと思います。皆様はいかがお過ごしでしたか?
さて、その“ゴールデンウイーク” 世界的にも珍しいのです。
諸外国にお出かけになる方はご存じかと思いますが、“ゴールデンウイーク” と伝えても

よほど日本ツウの方でなければ「???」となってしまいます。
Golden Week 直訳すれば「黄金週間」。国民の祝日の連休という習慣のない国では当然
ですよね。そうです、Golden Weekは和製英語です。
「Golden Week Holidays」なら、休暇なのだとお分かりいただけると思います。せっかく
ですからそのあとに、日本にはそう呼ばれる国民の休日習慣があることを含め、日本の文
化・風習をお伝えしたいものです。
5月は「皐月(さつき」
旧暦の5月はちょうど田植えの時期です。田植えができるくらいまで苗床で成長させた
早苗(さなえ)を植えます。
その季節ということから早苗月となり、言葉が省略されて早月(さつき)と呼ばれるよう
になったと言われています。
そして、皐月の皐の字には、「神に捧げる稲穂」という素晴らしい意味があります。
そのようなことから、文字を皐に変えて呼んだのでしょう。言霊の国らしいですね。
言葉はいのち。
今までの生活とは違うことを強いられますとストレスもたまります。
ですが、そのような時だからこそ、優しい言葉を掛け合いたいものです。
「お久しぶりです。お変わりないですか?」
「はい。お陰様で家族みな元気に過ごしております。」
互いにいたわりあう気持ちが伝わります。それに加えて「お陰(御蔭)」とは、本来、神
仏のご加護(力添え・恵み)に感謝するという意味です。
「有事の時に感謝の気持ちを忘れないこと。」亡き父に教わった一つです。
ちなみに、お便りやメールなどの際には、ひらがな、漢字、どちらも使えます。
年長の方や少しフォーマルな印象にしたいときは感じがよろしいかと思います。

それではまた。ごきげんよう。